FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
後期6MTに試乗。
まず見た目が卑怯。カッコイイんだもん。
内装も卑怯。カッコイイんだもん!!

これが10年近く前の車かよ!ってくらいデザインはいい。
コイツのデザイナーはBMWでZ3やらデザインしてるそうです。
乗ってみるとなかなか。シートは革張り。但し日本人サイズに合わせてないのでユルい。せっかくスポーツシートなのに勿体無いね。
視点はちょっと高いかな。クーペらしく、室内はいい塩梅の閉鎖感。
中の眺めもこれまたカッコイイ。コンソール中央には誇らしげにピニンファリーナのロゴが配される。
乗り出してみる。低速のトルクは思ったより薄くはない。
エンジンが3000rpmを超えた辺りで過給が本格的に。
タービン音が聞こえてきてソノ気にさせてくれる。
そうかと思ったらいきなりグイッ!と前が引っ張られて加速し出す。
典型的ドッカンターボの味付け。思わず笑いが出るくらい。
FF5気筒+ターボのお陰で前の重さはやたら感じる。
アルファ147TSくらい重い。でもそれ以上にパワーはある。
後は使いようかな?
スポンサーサイト
2007.07.07 
Secret

TrackBackURL
→http://onicchi.blog75.fc2.com/tb.php/45-a56a3cc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。