FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
日本てびっくりするくらいモータースポーツへの関心が薄い。
海外ではテレビに専用チャンネルなんかあったり、凄い所では街角がサーキットになってしまう場所だってある。日本にはそれらがない。
色々な規制があるにしろ、これまた関心が薄れる要因の一つだったりもしたり。
んでも国内のレースとかで凄い人達はいるのだ。分かりやすく言えばF1の佐藤琢磨とか。鈴木アグリとか。彼らはモータースポーツの最高峰とも言えるF1に出ている。言い換えればオリンピックの代表選手みたいなもんだ。それくらい凄い事をしてるのに、やっぱり関心は薄い。
最近になって「ラリージャパン」という競技が北海道で行われるようになった。コレってWRCというラリー(オフロードの公道レース)の世界一を決めている競技の一つなんだけど、まだまだ認知度は低い。世界各地を回って最も早いドライバーと車を決めている言わば「公道F1」
車もフォーミュラカーじゃない。普段見かける乗用車がベースになっている実はとても親近感のある競技。色々な形のレースがあるのだ。
オイラもよく知らない一人だが、一体どんなレースやカテゴリーがあるのかあまり知識を持っていない。
見るのは好き。
でも走るのはもっと好き。
だって見てるよりずっとエキサイトするし、自分が速く走れるってキモチイイ♪
下手なりに、初心者なりにやっているけどこの楽しさはみんなにお勧めしたい。
「サーキットを走る」「スポーツ走行」ってとんでもなく難しい事じゃない。意外にできるものなんだな。
「金がかかる」とか言うけれど、投資は確かに要る。
でも考えてみよう。スキーするのに道具を揃えなきゃできないでしょ?
メンテナンスしなきゃ滑らなかったり、止まれなかったりするでしょ?
車もそれと一緒。でもメンテナンスって普段車に乗っていても必要性は出てくる。オイル交換が最もポピュラーな話で。
サーキットに行くと普段乗ってる以上の性能を出すから、消耗がいつもより増える。いつものメンテナンスに+αの気持ちがあれば、例えば「いつもは10000kmでオイル変えてるけど、今回は5000kmで換えよう。」とか、そういう気持ちがあればいいんです。気になるオイルが出たら早く入れてみたいでしょ。10000km待ってる間に無くなるかもしれない。じゃぁちょっと早いけど入れ替えてみよう。そんな気持ちからでいい。これはタイヤとかにも言える部分。サーキットを走るのに特別に必要な装備って、長袖のシャツとズボン、ヘルメット、4点以上のシートベルトがあれば走る事はできる。
ヘルメットは2輪用でもOK。但し半キャップはダメだけど。
2輪専門店に行けば数千円で買えちゃう長袖の装備はツナギがベスト。実はコイツって作業着店行くと1000円もしない。この中で一番かかるのはシートベルトくらい。本体の他に取付けにはある程度の知識が要るから。シートベルトやタイヤ等が高い!って言う人はネットオークションを使うのがお勧め。例え中古でもベルトの性能はすぐになくなるものじゃありません。多少汚れていても性能には問題ないのが殆どだと思います。これらの装備+参加費の捻出ができればサーキットで走る事ができます。
グリップ云々、パワー云々は後でいいんです、そんなんは。
まずは兎に角「サーキットってこういう事ができるんだ!」「何気なく運転してたけど、俺の車って凄いんだ!」っていうのを体感する事が大事。ATだって構う事はないし、セダンだからと思う事もない。だって今時のレースカーはATだったりセダンを使う車があるのだから。「サーキットはスポーツカーが走る場所」っていうのはもう旧い考え方。恐れずにまず一歩を踏み出して欲しい。一人が不安なら仲間を巻き込めばいい。サーキットにはサーキットのルールがあるから、ちゃんと聞いてそれを守る事。それができれば誰でも走り出すことは出来るのだから。
スポンサーサイト
2006.11.25 
Secret

TrackBackURL
→http://onicchi.blog75.fc2.com/tb.php/4-be00788b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。